吉祥寺でコーヒー豆を焼いてる人の熱意に僕まで煽られた話

毎晩の高校野球ニュースでもう年齢的にも親近感が覚えられなくなった球児の青春に、涙を堪える恒例行事を行う夏が始まりました。

 

お久しぶりです。前回のブログからもう10ヶ月も更新があいてしまいました。

そんな今回もまた報告がてらの更新になります。

 

吉祥寺にあるコーヒー屋さんの広報になりました

LIGHT UP COFFEEというコーヒーショップの広報兼マーケティング担当になりました。

 

LIGHT UP COOFFEEは吉祥寺にある自家焙煎コーヒーショップで、農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手による素材の味を楽しむ新しいコーヒー文化を作る会社です。

 

f:id:aizakku0708:20160720161305j:plain

 

毎日スタバかセブンのコーヒーしか飲まなかったような僕がなぜ今回LIGHT UP COFFEEにジョインしたのかお話したいと思います。

 

コーヒー狂の川野、そしてLIGHT UP COFFEEとの出会い

もともと、オーナーの川野とは前職の同期でした。その時に彼がLIGHT UP COFFEEの経営をしているのを知り、休日にたまに飲みに行っていました。

 

で、驚いたのが川野の異常なまでのコーヒーに対する愛情。

なぜLIGHT UP COFFEEを始めたのか、どれだけコーヒーが好きなのかの詳細は彼のブログを読んでいただくとして、いくつかそのエピソードを挙げると

 

・ラテアートをyoutubeで見ながら練習してたらやりすぎていつのまにか日本一になる

・衝撃的に美味しいコーヒーに出会い、「自分も作りたい!」と銀行からお金借りてリビングに穴あけて焙煎機を設置

・美味しいコーヒーを求め海外を放浪し、コーヒー酔いをするほど飲む

リクルートの自席でコーヒーをマシンで淹れ始める

・「今なにしてんの?」と送るとだいたい「豆焼いてる」と(少しキレ気味で)返信がくる

 

f:id:aizakku0708:20160720163412j:plain

(日本チャンピオンになった時の川野。わかい...) 

そんな365日24時間コーヒーのことしか考えてない川野がこだわり抜いて全てを注いでいる結晶のLIGHT UP COFFEEが僕は大好きです。

 

やりたいことがない人間でもワクワクするチャレンジができる

そんな僕がなぜ広報兼マーケティング担当として関わることにしたのかをお話したいと思います。

 

僕はもともとやりたいことがない人間です。

川野のように本気で信念を持って、身を削り、時に執念じみた気迫でチャレンジしている人が羨ましい。

 

ですが、やりたいことがない人間がチャレンジをしている人より成長できないのか、充実した仕事ができないのかと言われると全くそんなことはないと思っています。

 

大きなチャレンジをしてる人と同じ船に乗っかって全力でサポートするというのも、一つのチャレンジの仕方なんじゃないかな、そう思いました。

 

やりたいことがないのは恥ずかしいことではない。全員が先頭を突っ切ってやる必要はないと思います。

 

志が大きい人のチャレンジを共にする道のりで自分がやるべきたくさんのチャレンジが生まれてくる。それもまた立派なチャレンジだなぁと思い、川野のチャレンジを微力ながら応援することにしました。

 

ということで

今後はLIGHT UP COFFEEの広報とマーケティング業務全般を担当します。

具体的には、LIGHT UP COFFEE MAGAZINEの編集長を務めたり、お店とコーヒーの魅力を伝えていける活動を行っていきます!

 

川野からは謎のプレッシャーをかけられ早くも胃が痛いですが...

 

f:id:aizakku0708:20160720164659p:plain

(しおたんさんの文章を毎回3周は読み込むくらい好きなのですが、THE BAKE MAGAZINEのように多くの人に楽しんでもらえるものにしていきたいです...)

 

なにはともあれ、2周年を迎えるLIGHT UP COFFEEは近々大きな発表があったり、今後もますます頑張っていくので宜しくお願いします!

 

(LIGHT UP COFFEEとタイアップで何かやりたい!とかありましたらぜひ僕にご一報もらえたら嬉しいです...!!)